お役立ち!旧車買取業者6社

TOP > 旧車の買取について > 旧車を売却する際の注意点と必要書類

旧車を売却する際の注意点と必要書類

古い自動車でも買取が可能な場合があり、外国での需要があるという理由などが挙げられています。
ところで旧車ですが、とりわけ人気がある種類で良い状態の車である場合、価値がかなり高くなることがあります。
ただ、今日ではそれ以外の種類の自動車であっても価値を持つ場合があるとされています。
さて、旧車を売却する際の注意点ですが、車は一般的に新しいものであれば査定額が高くなると言われています。
旧車の場合、古い自動車であることから、一般的な査定をしてもらうと低い評価になります。
そのことから、一般的なショップなどで旧車の査定をしてもらうのはおすすめできないです。
なお、これは希少車においても同様に言えることであり、それらに関してきちんと理解している業者に売却するのが適切だとされています。


旧車の場合、動くことが不可能なものまたは悪い状態のものであっても売却できることがあると言われています。
これは修理によって欲しいと思う人がいるという理由や修理が不可能でも部品として扱えるという理由が考えられます。
ただ、大事に乗っていてメンテナンスがなされているものであればより高い評価を得ることが可能です。
高い評価を得るようにしたいのであればメンテナンスを施して大事に扱うのが適切だと思われます。
旧車に関して理解しているだけではなく、高い評判があるところに売却することも重要です。
また売却するために必要な書類も存在していて、実印や車検証などが挙げられています。
印鑑証明書もその一つに含まれていますが、決められた期間内に作成された証明書であることが必須となります。


旧車を売る際に必要な書類に関する事柄ですが、まず車検証は常に車の中で所有することが義務になっています。
次に印鑑証明書ですが、前述の決められた期間内というのは3ヶ月以内であり、その期間を経過したのであれば発行の必要があります。
実印は新規で買う場合においても必須だと言われていて、売る場合は委任状などに押すことになっています。
以上の書類以外にも自動車税納税証明書や自賠責保険証が挙げられていて、前者は車検の際に作成される書類です。
前者を失くした場合でも再発行ができますが、軽自動車かそれ以外の自動車であるかによって再発行ができる場所が異なるので注意するようにします。
後者ですが、万が一紛失したと思った場合は、入る際に利用した保険会社で後者を作り直すための手続きを行ってもらいます。

次の記事へ

TOPへ戻る