お役立ち!旧車買取業者6社

TOP > 旧車の買取について > 旧車を売るのは専門知識が豊富なお店がおすすめ

旧車を売るのは専門知識が豊富なお店がおすすめ

車によっては、年式が少々古い事もあります。
旧車もその1つで、10年落ちの車も珍しくありません。
一般的に、10年落ちの車は買取価格は低めになってしまう傾向があります。
というのもお店としては、車の使用感を重視しているからです。
新車の場合は、あまり長く使われた形跡がありませんから、お店からの評価も高くなる傾向があります。
しかし10年落ちの車ですと、少なくとも10年程度は使われ続けている訳ですから、いかにも中古の雰囲気があります。
新車よりは使用感がありますし、買取価格は低めになってしまう事が多いです。
ですから9年落ちの車などは、早めに売却する方が良いと言われる事もあります。
しかし旧車の場合は、話は少々異なります。
そのタイプの車であれば、比較的高く売れるケースも多いです。


確かに旧車は10年落ちや20年落ちになっている事も多いですが、かえって価値が高いと見なされるケースもよくあります。
というのも20年落ちともなると、なかなか道路で見かける機会がありません。
めったに道を走っていないだけに、かえってプレミア価値が高いと見なされる訳です。
人によっては、何とかして古い車に乗りたいと思っている事もあります。
ですが道ではめったに見かけないだけに、なかなか車を買う事ができません。
お店でも殆ど販売されていない訳です。
高いお金を出してでも、車に乗りたいと思っている方も居る訳です。
そのような人物に対しては、車は比較的高く売れやすい事を、お店は知っています。
ですから旧車は、かなり高く売れるケースも珍しくありません。
30年落ちともなると、300万円以上で売れるケースもあります。


ただし旧車を高く売りたいのであれば、お店選びも1つのポイントになります。
そもそも車の買取価格は、お店の専門知識に左右される傾向があります。
知識が豊富なお店ですと、車は高く売れやすいです。
クラシックカーに関する知識があるお店ですと、かなり高値が付くケースも珍しくありません。
逆に、ディーラーなどのお店に売ってしまいますと、かなり安くなってしまう事も多いです。
ディーラーは年式で車を判断している事も多く、旧車にあまり詳しくないので、安くなってしまう傾向があります。
ですから旧車をなるべく高く売りたい時は、専門知識が豊富なお店で査定を受けるのがおすすめです。
お店によっては数十万円以上の差がつく事もありますから、知識があるお店かどうかをよく見極めた上で、査定を受けると良いでしょう。

次の記事へ

TOPへ戻る