心を込めて入学をお祝いしよう!記憶に残る祝電ランキング

ホーム > 入学の祝電について > 入学祝いの電報のタイミングやマナー

入学祝いの電報のタイミングやマナー

 一昔前は連絡を急ぎで取りたい時には、電報を使うことが多かったですが、今の時代は電話やメールなど通信機器の発展により、電報を利用する機会はそう多いことではなくなりました。しかし今でも電報がなくならないことから、需要があることは間違いありません。冠婚葬祭時に使われることが多いですが、その中の一つが入学祝いの電報です。祝電が使われるタイミングとして、三月や四月が多くなっていることからもわかるように、入学や卒業時にはメールや電話ではなく祝電を選ぶ人が多いです。近年では電報を使うことがあまりないからこそ、より改まった気持ちを伝えるだけではなく新鮮味もアップします。入学は大変おめでたいことですが、祝電を送るとなれば、マナーにも十分気をつけておかなくてはなりません。

 入学時に祝電を送る場合として、親戚や日頃お世話になっている人、その子供などが入閣を迎えた時となります。入学は本人はもちろんですが、周囲の人々にとっても嬉しくおめでたい気持ちになることです。お祝いの気持ちを伝えるならば、直接会って伝えるに越したことはありません。しかし遠方で直接会う事が出来ないなど、現実問題として不可能な場合や、日頃とは違う改まった気持ちを伝えたいという場合には、電報が適しています。メッセージを伝えるだけならば、手紙を送るという方法もありますが、近年の電報はただ文字を送るだけではないというのが大きな特徴となっています。メッセージと共にギフトも贈ることができるようになっており、ギフトがメインといっても良いのではないでしょうか。ギフト付きはより喜ばれます。

 入学時に祝電を送るとなれば、気をつけなくてはならないのがメッセージ内容とタイミングです。お祝い事ということもあり、忌み言葉を使わないようにするというのは、最低限守っておかなくてはならないマナーとなります。それだけではなく、タイミングには十分気をつけるようにしておきましょう。入試があるところへの入学の場合には、入試が終わったからというのは当然のことであり、結果も把握してから送るようにしましょう。絶対に合格すると思っていても、落ちてしまうこともあります。そうなれば、お祝いの電報を送ることは大変失礼にあたり、相手を傷つけることになってしまいます。本当に入学が確実なのかということをしっかりと確認しておくようにしなくてはなりません。マナーだけではなく電報業者選びにも気をつけましょう。

▲ ページトップへ