心を込めて入学をお祝いしよう!記憶に残る祝電ランキング

ホーム > 入学の祝電について > 入学時の祝電の送り方とマナーとは

入学時の祝電の送り方とマナーとは

 お祝い事の際に送る電報のことを祝電といいますが、電報自体送ったことがないという人が多いのではないでしょうか。しかし今の時代でも電報がなくなっていないことからもわかるように、利用している人は少なくはありません。ただ連絡を取るだけならば、電話やメールなどを使えば良いですが、改まったお祝いの気持ちを伝えることができるのは、やはり電報の方が効果が高いのではないでしょうか。祝電を送るタイミングの一つに、入学の祝いがあります。入学となれば、日時も早い段階からわかっていることなので、祝電の手配も早い段階でしておくようにしましょう。前日でも間に合うのが祝電ですが、ギリギリとなれば忘れてしまうこともあるので早い段階で予約して置いた方が、確実にお祝いの気持ちを届けることができます。

 入学時に送る祝電の場合は、式の前日か当日の午前中に届くように手配しておくようにしましょう。近年では、文章でお祝いの気持ちを伝えるというだけではなく、大師の種類も豊富になっておりギフトを共に送る祝電がメジャーなものとなっています。ぬいぐるみや花束、そしてバルーン電報など様々な選択肢があり、文章のみのものよりもサプライズ感もあり喜ばれることは間違いないといえます。しかしギフトをともに送ることができる祝電の場合には申し込みの期限が早いこともあるので気をつけましょう。文字だけならば、当日に申し込んでままに合わせることができるケースも多いですが、ギフトがセットとなれば数日前に申し込まなければならない場合もあります。ギフト付きの電報は余裕を持って申し込むようにしましょう。

 花束は無難ですが、サプライズ感を演出したり場を華やかにしたいという場合には、バルーン電報を選んでおくと、より喜んでもらうことができます。もちろんどこに届けるのかによって、選ぶべきかどうかもしっかり考えなくてはなりません。個人宅に送る場合には、どんなものでも特に問題はなく、送る相手の好みに合わせれば良いですが、学校など式が行われる会場に送るとなれば、ある程度場をわきまえ最低限の配慮をしておく必要があります。祝電は遅れてしまうと効果が半減してしまうことになったり、失礼に当たりかねないので遅れないように気をつけておくべきです。どんな祝電を選ぶべきかと同時に、申し込み方法や業者による違いも把握し比較し、文章も忌み言葉を使わないなどマナーに気をつけるようにしておきましょう。

▲ ページトップへ