心を込めて入学をお祝いしよう!記憶に残る祝電ランキング

ホーム > 入学の祝電について > 入学式に祝電を送るマナーと流れとは

入学式に祝電を送るマナーと流れとは

 入学の祝いの気持ちを込めて、祝電を送ることが多いとはいえいざ送るとなればマナーや流れで頭を悩ませることになるのではないでしょうか。個人宛に送る場合には、個人の自宅に送れば良いだけであり、それほどマナーやしきたりにとらわれる必要はありません。しかし入学式に送るとなれば、話は別です。まず第一にタイミングには気をつけるようにしましょう。学校宛に送ることになりますが、入学式当日となれば、かなり慌ただしくなっているケースも多く、当日に祝電を届けると迷惑になってしまったり、うまく行き届かないということにもなりかけません。祝電を学校宛に送る場合には、遅くても前日に届くように手配しておきましょう。もちろん入学式の中で読まれることになるので、式より後に届けても意味がありません。

 祝電を入学式に送るとなれば、遅くなるのはマナー違反ですが、だからといってあまりに早い時期に到着するように送るのも、良いとは言えません。早過ぎれば、学校で保管しておかなくてはならず、手間をかけさせてしまうことになります。それだけではなく紛失という恐れもあるので、届くタイミングには気をつけるようにしておきましょう。どのようなメッセージないようにすれば良いのかで悩んでしまうという人も多いのではないでしょうか。メッセージ内容は、電報業者の例文を参考にしたり引用すれば、マナー違反な文章になってしまうことはありません。文例の引用となれば、味気がないと感じてしまいがちですが、入学式に送るとなれば形式的な内容で問題はないので、引用しても特にマナー違反ということにはなりません。

 近年では祝電にはギフトを付けることが多くなっており、文章を送る存在というよりも、ギフトを贈るための手段という認識をしている人も多いのではないでしょうか。入学式に送る場合にも、ギフト付きの電報を選んでも問題はありません。その際には、ぬいぐるみや花束よりもバルーン電報など場を華やかに盛り上げることができるものを選んでおくようにしましょう。電報を扱っている業者が増えた今の時代では、選択肢が豊富というのは良いことと言えます。しかし、業者によって料金や選ぶことができるギフトないように違いがあったり、申し込みの方法やタイミングにも違いがあるので、複数の業者を比較してから選ぶようにしておきましょう。入学はおめでたいことであり、祝電を活用すべきシーンということは間違いありません。

▲ ページトップへ