心を込めて入学をお祝いしよう!記憶に残る祝電ランキング

ホーム > 入学の祝電について > 入学の時に喜ばれる祝電について

入学の時に喜ばれる祝電について

 今の時代は通信機器の発展により、電話やメールで好きな時に遠くにいる人ともすぐに連絡を取ることができ、大変便利な時代となりました。それと同時に電報を使う機会も滅多とあることではなくなりましたが、そんな今の時代でも電報がなくならないことからもわかるように、電報には需要があります。冠婚葬祭時など改まったシーンで利用するという人が大半であり、電話やメールとは違い受け取った相手の心に響くものとなっています。一昔前は、電報はただ文章を届けるだけのサービス内容となっていましたが、近年ではギフトを共に贈ることができるようになり、ギフト付きの電報が主流となっています。シーンによって贈るべきギフトには違いがありますが、入学時には特にこれといってマナーに気をつけなくてはならないということもありません。

 入学時の祝電として喜ばれるのが、ぬいぐるみ電報やバルーン電報、そして今では定番ともなっている花束のついた電報です。歯が華やかになるというのはもちろんなこと、今の時代では電報を贈るのはもちろんのこと、受け取る機会もほとんどないからこそ、よりサプライズ感がアップするので喜んでもらうことができます。小学校の入学時ならば、ぬいぐるみが喜ばれる傾向にあり、中学や高校、大学の入学時ならば花束が喜ばれる傾向にあります。どの業者を利用するのかによって、電報を贈ることで必要となる費用に間違いがあるので、よく比較してから選ばなくてはなりません。ギフトをセットにして贈る場合には、どんなギフトをつけることができるのかも確認しておくようにしましょう。業者ごとに申し込みのタイミングにも違いはあります。

 電報でよりサプライズ感を高めたいという場合には、バルーン電報を選んでおくと驚きと喜びを味わってもらうことができます。バルーンならば、受け取った後に不要となったらしぼませて残すこともできます。ぬいぐるみなどとは違い、処分したいという場合に気兼ねなく捨てることができるという点も、受取手を困らせることがないので良いのではないでしょうか。電報は、当日に申し込んでも届けてもらうことができるというのが、大きな特徴となっています。しかしバルーン電報を始めとしたギフト付きの電報となれば、早い段階で申し込んでおかないと手配が間に合わないというケースが多いので、気をつけましょう。入学のタイミングは早い段階からわかっていることなので、余裕を持って申し込んでおくことが大切です。

▲ ページトップへ