心を込めて入学をお祝いしよう!記憶に残る祝電ランキング

ホーム > 入学の祝電について > 入学のお祝いの電報の送り方について

入学のお祝いの電報の送り方について

 現在日本では電話やメールなど連絡を取るための機器が豊富にあり、いつどのタイミングでも連絡を取ることができる便利な時代となりました。しかし、そんな今の時代でも電報は需要があります。結婚式や葬式で利用するものというイメージがありますが、入学のお祝いとして祝電を送ることも珍しくはありません。入学のお祝い電報を送る際にまず気をつけておかなくてはならないのが、入学した知らせを受けてから手配するという点ではないでしょうか。年齢的に入学することが当たり前と考えて、勝手に送ってしまうと、何らかの理由から入学をすることができない場合に、相手に不快な思いをさせてしまうことになります。入学することが確実なものとなってから手配することは、最低限のマナーの一つとして頭に置いておくようにしましょう。

 祝電を贈るタイミングとしては、個人宛に送る場合には入学の知らせを受けてから早い時期に贈るようにして置いた方が、気持ちが伝わりやすいです。もちろん入学式の日や後日でもマナー違反というわけではありませんが、知らせが届いた以上は、早い段階で送った方が喜んでもらえます。電話やメールで気軽にコミュニケーションを取ることができる時代だからこそ、祝電は改まった気持ちを伝えるために最適であり、喜んでもらうことができるようになっています。一昔前はメッセージを伝えるだけの存在でしたが、近年ではメッセージだけではなくギフトを共に送ることができるようになっており、ギフトをメインに考えている人も多くなっています。ぬいぐるみや花束、バルーン電報などサプライズ感がアップするものも豊富にあります。

 祝電を送る際には、相手の住所や氏名を間違えないように十分気をつけておかなくてはなりません。どんなにメッセージ内容に気をつけていても、住所や氏名を間違えると、大変失礼にあたります。個人に送る場合には、入学する本人の名前にしておくことが基本となっています。業者によって送ることができるメッセージの文字数やギフトの内容に違いがあるのはもちろんのこと、申し込み方法やタイミングにも違いがあるので複数の業者を比較してから選ぶようにしておかなくてはなりません。入学は、あらかじめ日時が決まっているものであり、調べることができるのでできる限り入学時に間に合うように送るようにしておきましょう。あまりに遅くなりすぎると、電報の価値がなくなってしまうので気をつけなくてはなりません。

▲ ページトップへ