心を込めて入学をお祝いしよう!記憶に残る祝電ランキング

ホーム > 入学の祝電について > 個人に入学の祝電を送る流れとは

個人に入学の祝電を送る流れとは

 おめでたいことがあり、改まったシーンとなれば利用する機会がやってくるのが、祝電ではないでしょうか。今の時代では祝電はそう頻繁に利用しないので、送り方やマナーで頭を悩ませる人も多いです。しかし、送る人が少ないということは、受け取る機会も減ったということであり、祝電が届くことでサプライズにもなり喜んでもらうことができます。祝電を利用する機会の一つに、入学時があります。学校に直接送るというケースと、個人宛に送るというケースがあります。個人宛となれば、それほどマナーやしきたりにこだわる必要はなく、より気軽に送ることができるようになっています。プライベートな内容でも問題はありませんが、忌み言葉を使わないようにするなどの最低限のマナーは守っておくようにしましょう。

 近年では祝電にはぬいぐるみや花束、バルーンといったギフトを付けることができるようになっており、ギフトがメインといってもよくなりました。個人宛で個人の自宅に送る場合には、相手の好みに合わせたギフトを選んでおけば良いだけなので、それほど頭を悩ませる必要はありません。個人に送る場合には、入学式当日だけではなく入学式前後に届くように手配しても、マナー違反とはなりません。お祝いの気持ちが伝わるようにしておけば、それで問題はありません。しかし一口に電報といっても、業者によって申し込み方法やギフトの内容など異なる点は多々あるので、よく比較し使い勝手が良いものを選ぶようにしておきましょう。もちろん、ギフトだけではなく送る上で必要となる料金にも大きな違いがあるので気をつけなくてはなりません。

 日頃電報を打つことがない人ならば、個人宛でかしこまる必要はないといっても、どんな文章にすれば良いのかで悩むのは当然のことではないでしょうか。その場合は、業者の文例から引用するようにしておけば、マナー違反となってしまうことはありません。しかし、文例をそのまま使ったものを送ってしまうと、味気がなくて心がこもっていないという印象を与えてしまうことにつながります。せっかく祝電を送るのであれば、少しでも喜んでもらうべきであり、送る際には一言自分なりのメッセージも付け加えておくようにしましょう。自分なりのメッセージが一言添えてあるだけで、受取手が感じる印象には大きな差が生まれることになります。複数の業者の比較をし、少しでも喜んでもらえる祝電を送るように心がけましょう。

▲ ページトップへ