お役立ち!旧車買取業者6社

TOP > 旧車の買取について > オークションよりも旧車の買取店がおすすめの理由と売却の手間

オークションよりも旧車の買取店がおすすめの理由と売却の手間

旧車は、比較的高く売れる傾向があります。
年式が古い車ですと、道を走っている姿を殆ど見かけない事もあり、プレミア価値が高いと判断されるからです。
現に車に興味を持っている方としては、クラシックカーを買うのに苦労しているケースもあります。
年式が古い車ですと、お店で販売されていない事も多いからです。
ですから旧車は売却価格も高くなる訳です。
ところで車を高く売りたいのであれば、Webのオークションという手段があります。
Webのメリットは、売却額の高さです。
確かに多くのお店では車は買い取ってくれますが、必ずしも価格が高くなるとは限りません。
中間マージンもありますから、やや買取額は低めになってしまうケースがあります。
その点オークションという手段は、車は比較的高く売れやすいです。


ところでオークションには、複数のデメリットがあります。
例えば写真撮影です。
Webのオークションで車を出品するのであれば、画像もアップロードする必要があります。
そして車を落札する事を検討している方々は、しばしば画像で判断しています。
車の内装は問題ないかどうかを、画像で判断している方も多いだけに、写真を撮影するのは気を使うという声も多いです。
しかもオークションでは複数枚数の写真をアップロードする必要がありますから、やや手間がかかります。
またオークションで出品するのであれば、契約書類も自分で作成する必要があります。
名義に関する手続きも確実に済ませる為に、専門的な書類も発行しなければなりません。
書類を作成するのは知識が必要ですし、オークションで出品するのは少々大変です。


それよりも、むしろ旧車の専門店による買取がおすすめです。
専門店には様々なメリットがあって、まず上述の書類です。
お店に車を買い取ってもらう分には、わざわざ自分で書類を発行する必要はありません。
書類はお店が発行してくれるからです。
まして専門店に買い取ってもらう場合は、写真撮影する必要もありません。
例外的に、ネット査定という方法を活用するのであれば、画像はアップロードする必要があります。
もちろんネット査定を利用しない時は、わざわざ画像を準備する必要はありません。
そもそも専門店は、売却価格は比較的高くなる事も多いです。
お店によっては、何とかして旧車の在庫を確保したいと望んでいる事があります。
在庫確保を優先したいお店としては、買取価格を高くしてくれるケースもよくあります。
ですから旧車を売却したい時は、オークションよりも買取店がおすすめです。

TOPへ戻る